スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prophetic.3

Prophetic」構想/Part.3


○設定変更案

RPD(ロールプレイングドリーム)
その発展と開発の舞台裏から始める

――――――――――――――――――――――――――
・フェイズ1
 『夢世界の可視化』


 特定の脳波パターンを解析することで、対象の見ている夢を
 映像/音声として出力する技術の開発

 解析装置が高価であったため、一般には販売/普及せず
 一部の医療・研究機関のみが所有するだけだった
――――――――――――――――――――――――――
・フェイズ2
 『夢世界の再構築』


 前述の研究より得られたデータをもとに、操作をして
 対象の脳波を"見たい夢のパターン"に合わせることにより
 疑似的に対象に任意の夢を見せる技術の開発
 
 その後の技術発展により、夢の中を自由にデザインし
 対象の望む夢世界へと再構築させることが可能に

 民間へは、高価ながらも技術が普及し始める
 ただし、見る夢の内容は詳細に設定できず
 最初からある程度設定されたパッケージ品のみの販売

 中高生向けの「アクション」「ホラー」「ファンタジー」
 などに加え、際物ではあるが"不純"なものも出回った
――――――――――――――――――――――――――
・フェイズ3
 『夢世界の明晰化』


 夢の再構築時に特殊な"トリガー"を仕込み、対象に
 自身が夢を見ていることを理解させる技術の開発
 
 この技術の開発により、対象が夢を見ている状態で
 夢の再構築を行うことが部分的に可能になった

 それ以上に注目されたのは、睡眠時にも
 学習/訓練を行えるという点である
 教育機関のみならず、軍事産業も参入

 この段階ではまだまだ民間向けではなく
 明晰化もおぼろげなものでしかなかった
――――――――――――――――――――――――――
・フェイズ4
 『夢世界の制限化および一般化』
 
 
 開発時のモニターにより、明晰化状態では
 夢世界の構造および法則を改変/再構築することが
 際限なく可能であるが、過度な現実との乖離/齟齬は
 夢世界の"バグ"とも言える存在が発生することが判明

 "バグ"の発生を抑えるため、夢の改変/再構築に
 一定の制限を設けるようにシステムが変更される

 薄明期には、教育訓練や軍事演習への活用など
 専門機関のみで技術が使用されていた

 その後、技術の進歩により装置の小型化が実現
 それに伴い、民間企業も技術開発に参入

 その中の一つとして発展したのが"RPD"である
 "夢世界"でより"リアル"なロールプレイングを
――――――――――――――――――――――――――
・フェイズ5
 『夢世界の共有化』


 複数の夢世界をリンクさせるための技術開発

 初期段階においての提案手法
 一人の夢世界に他者の意識を移動させる手法
 脳の代用として人工サーバーにリンクさせる手法
 
 現在の提案手法 
 共有対象全員に同じ構造/パターンの夢世界を見せ、
 それぞれの夢世界に生成した他の共有者の"アバター"に
 それぞれの夢世界で共有者が行った行動を同期させる手法

 問題点として、初期設定した夢世界の構造は
 共有者毎の感情や精神状態によって細部が異なるため
 各"アバター"が異常な振る舞いを見せる可能性が高い
 (オブジェクトの貫通/足場のない場所での歩行など)

 夢世界におけるオブジェクトの再構築/改変まで
 共有者間でリンクさせてしまうため、一人の行動が
 夢世界=共有者の精神に負荷や汚染を与える可能性も
――――――――――――――――――――――――――
・The Experimental Stage

 ・複数人の被験者に対して実施
 ・共有者間における汚染の検証
 ・共有者間における相互汚染の検証
 ・AMD(Anti Memetic Dream)の検証実験
 ・被験者に■■■■の採用 却下
――――――――――――――――――――――――――

注記1
 睡眠状態は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を
 交互に繰り返して行い、「レム睡眠」時に夢を見ている
 その周期は誤差はあるもののおよそ90分ほど
 
 90分を間延びさせて体感させているのか
 「ノンレム睡眠」を除去する手法が見つかったかは
 今後の設定によって適宜変更すること

注記2
 "リアルな現実"において、夢を視覚化する技術は
 対象の視野角の血流を測定することで変換されている
 
 脳波や電気信号の解析はあくまでフィクションであり
 現実において、出力ができても入力は不可能
 "架空"の技術を想定する必要あり?

注記3
 "バグ"の存在をどのように扱うか

 乖離/齟齬から形成されるため、現実との差を
 埋める者、もしくはその狭間から湧き出た負の存在?

 対象の精神に影響? 対象の負の感情?
 対象によって行われた改変の結果生まれるなら
 その改変内容および対象の感情を反映するかも

注記4
 "RPD"自体は民間向けではあるが、まだまだ高価

 多くの場合、教育機関の学習マニュアルや
 軍の訓練を安全かつ効率的に行えるため
 一部の専門機関でようやく触れる機会がある

 しかし、その有用性からすでに巨大市場が
 出来上がっており、多くの企業が参入している

 夢世界の共有化が叶えば、新たなソーシャルネットワーク
 第2のインターネットと言える存在になると考えられる

注記5
 共有化後、"夢世界ネットワーク"へログインするためには
 睡眠を行う必要があるわけだが、一々面倒では?

 電子媒体による睡眠導入プログラムの提案
 睡眠時の対象を補助するシステム、セーフティー

 SF映画でよくある、電脳世界へダイブするイメージ?
 
 夢世界での勉強/学習効率はどうなるのか?
 現実世界のそれとあまり変わらないはず
 脳への入力で直接ラーニングさせているわけではない

 "夢世界へのダイブ"を続ける者が頻出して問題にはならない?
 →当然、問題に挙げられているが、利便性から研究続行
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

NK

Author:NK
製作中のゲームの紹介を
主な内容としています。
製作速度は緩慢ですが、自分の満足のいく作品を皆様にご紹介できれば、と考えています。

最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
月別のアーカイブ
最新のトラックバック
検索フォーム
カウンター
素材のお借り先
バナーリンク
ゲームの畑! 箱庭亭 様 ◇◆Hot Snow◆◇ 様 element floor 様 CLOSET 様 CLOSET Ace 様 ?!!
QRコード
QR
???
01.Lucid = 明晰夢
02.Empty = 空夢
03.Unfinish = 残夢
04.Inspire = 霊夢
05.Illusion = 迷夢
06.Auspicious = 瑞夢
07.Prophetic = 正夢
08.Day = 白昼夢
09.Terrible = 悪夢
10.Different = 異夢
11.Sophora = 槐夢
12.Red Chamber = 紅楼夢
予定は未定:一覧
<夢物語シリーズ>
Lucid -七の夢-
Lucid If -夢の夢-
Lucid Ill -病の夢-
Lucid IVe -彼の夢-
Empty -天の夢-
Unfinish -銘の夢-
Day -魔の夢-

<ファンタジー>
クロキシロマ
Fall in Shade
Lacrima Machinae
Book of craft
奈落空
痛ム夢

<サスペンスホラー>
みさき
そしてボクもいなくなる
ひふみ

※予定は未定です。
Title画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。