スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラグメンツ(コラボ)

こんばんは。

今回は移動中のバスやお風呂場などで
不意に思いに耽ていた内容……

「アーティファクト」「book of craft」
"コラボレーション"というものです!

"アーティファクト"および"book of craft"については
  各々の過去記事をご参照ください!

……当然ながら、完全に趣味全開の内容になりますので
例の如く、続きは興味を持っていただけた方だけが
見てもらうよう、追記の記事のほうに乗せておきます(^ ^;!

――と、それでは早いですが
本編はここで終わっておきますね(^ ^)!

それでは、お休みなさい!

――以下、「アーティファクト」構想設定

『 Artifact 』

[ #837 The black book ]
(黒き書物)
 #837は調査や実験時を除き、専用の保管室に置かれます。
 保管庫入口には2名の警備員が常駐し、アクセスには
 ■■博士を含む、3名の上級職員の許可が必要です。
 
 事案837-αより、#837は週に1回以上保管庫から出され、
 視覚に異常のない人物によって頁を開かれなければなりません。
 これがマニュアル通りに行われず、#837の消失が発生した場合、
 捜索部隊「Book-worm」(本の虫)へ通達されなければなりません。

 #837は革製の黒い背表紙をした全413頁の書物です。
 炭素法による年代測定では、使用されている紙は
 およそ17■年代のものであると判明していますが、
 筆記に用いられたインクには、複数の異なった時代のものが
 多数見られ、古いものでは17■年、新しいものでは20■年でした。

 #837に記されている内容は、ラテン語に似た文体の言語
 (一部、ヘブライ語やエノク語などに近似)で書かれた
 判読不明な文章や、現在■■図書館に展示されている
 [削除済み]に記されたものに非常に似通った図形、
 未発見の動植物の図解、その解剖図などに加えて
 36名 39名の手書きの署名となっています。

 これら手書きの署名は、#837の主な文章とは異なり
 判読可能な複数の既存の言語によって書かれています。
 また、署名の28名分 31名分には血液によって
 打ち消し線が引かれ、検査によるとその血液は
 どれも異なった人物のものであることが分かっています。

 補遺1 
  署名の中に、現在監視下にある現実改変能力者の
  #■、#■の実名と同姓同名のものが発見されており、
  同様に、確保・監視中に死亡した#■、#■、#■と
  同じ名前が血液で消された名前の中に見つかっています。

  各アーティファクトの有する現実改変能力と
  #837に記された署名の関係性は以前として不明です。
  また、監視下にある#■、および#■への聞き取り、並びに
  #837との接触は安全保障上、現段階では許可されません。
  
 補遺2
  事案837-βより、#837の読解作業時には低級作業員を用い、
  作業終了後の精神鑑定にて問題が発覚した場合には、
  即座に低級作業員の解雇、終了が許可されます。

 事案837-α
  一時調査終了後、保管庫に#837を置き、1週間が
  経過した際に#837の"消失"が発生しました。

  #837の再発見には、およそ3ヶ月もの時間を要し、
  確保の際、3人の現実改変能力者の妨害を受け、交戦し
  現実改変能力者は3人とも死亡、部隊の■人が死亡、
  ■人が行方不明という結果の後に回収されました。

  回収後、#837の署名欄には、新たに3名分の署名が
  追加されており、それら全てが血液で消されていました。
  また、署名の名前、打ち消し線に用いられた血液は、
  回収時に死亡した3名の現実改変能力者のものと
  完全に一致することが分かっています。

  この事案より、1週間以上頁が開かれなかった場合、
  未知の手段で遠方の地へ転移することが分かり、
  それから#837の的確な保持手法が確立されました。

 事案837-β
  週1回の定時作業中に、■■研究員が[削除済み]の
  依存作用に酷似した、幻聴と幻覚に見舞われました。
  ■■研究員は、身体検査では異常を示しませんでしたが
  精神鑑定を行った際に[削除済み]の傾向が見られました。
  
  #837が読者にもたらす、精神汚染作用の有無は
  現段階では全く解明されていません。
  しかしながら、#837に"知覚"のようなものが
  存在し得るのではないかとの意見もあることから、
  封じ込めに対する新たな対抗手段とも考えられます。

 付録1 解読済み文章
  我は[判読不可]に混沌(災いや破滅の意?)を[判読不可]
  [削除済み]
  遍く[判読不可]を束ね、我に魔(悪魔や魔女?)が刻まれ[判読不可]
  [削除済み]

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

NK

Author:NK
製作中のゲームの紹介を
主な内容としています。
製作速度は緩慢ですが、自分の満足のいく作品を皆様にご紹介できれば、と考えています。

最新の記事
最新のコメント
カテゴリー
月別のアーカイブ
最新のトラックバック
検索フォーム
カウンター
素材のお借り先
バナーリンク
ゲームの畑! 箱庭亭 様 ◇◆Hot Snow◆◇ 様 element floor 様 CLOSET 様 CLOSET Ace 様 ?!!
QRコード
QR
???
01.Lucid = 明晰夢
02.Empty = 空夢
03.Unfinish = 残夢
04.Inspire = 霊夢
05.Illusion = 迷夢
06.Auspicious = 瑞夢
07.Prophetic = 正夢
08.Day = 白昼夢
09.Terrible = 悪夢
10.Different = 異夢
11.Sophora = 槐夢
12.Red Chamber = 紅楼夢
予定は未定:一覧
<夢物語シリーズ>
Lucid -七の夢-
Lucid If -夢の夢-
Lucid Ill -病の夢-
Lucid IVe -彼の夢-
Empty -天の夢-
Unfinish -銘の夢-
Day -魔の夢-

<ファンタジー>
クロキシロマ
Fall in Shade
Lacrima Machinae
Book of craft
奈落空
痛ム夢

<サスペンスホラー>
みさき
そしてボクもいなくなる
ひふみ

※予定は未定です。
Title画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。